プロフィール

【略歴】

京都府宇治市出身。京都府立莵道高等学校を卒業後、首都大学東京理学部物理学科へ進学。その後、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻(所属:国立天文台光赤外研究部)で、2009年、博士(理学)を取得。株式会社リクルート 法人営業、東北大学天文学教室同大学学際科学フロンティア研究所 助教を経て現職。趣味はアイドルのライブにいくこと。

【所属学会】

【受賞歴】

東北大学全学教育貢献賞(2014年度

【専門】

観測的銀河考古学、質的天文文化論。

【ポートフォリオ】

【もし天】もしも君が杜の都で天文学者になったら写真参考文献)、アンドロメダファイト参考文献)。

※東北大学在籍時代に、企画および監修してきたものたち。

研究テーマ

当ゼミナールでは、観測的銀河考古学、または質的天文文化論のどちらかの研究に取り組むことができます。どちらを選択するかは、3年生のゼミ配属希望時に決定してもらうことになります。ちなみに、天文学を専門に選んだからと言って就職がないということはないです。むしろ多様な就職先へと広がります。

 

観測的銀河考古学(大学院進学予定者のみ)

 銀河系やアンドロメダ銀河などの近傍銀河をすばる望遠鏡/Hyper Suprime-CamやPrime Focus Spectrograph、およびGAIA衛星を用いて観測した恒星のビッグデータを解析し、近傍銀河の化学力学進化やダークマターの素性の解明を目指します。研究するためには、恒星や銀河などの天文学の知識に加えて、数理統計学やプログラミング力(Python)、および専門的な学術論文を大量に読みこなせる英語力が必須となります。そのため、学部の卒研プロジェクトでは、大学院で最先端の研究ができるように、洋書の輪読や、観測データのPythonを使った解析練習がメインとなります。

 

※関連科目:宇宙科学計測、数理モデルと統計、データ発見と仮想天文台

※参考文献:銀河考古学とは

※テーマ例:くじら銀河の化石ガイア・エンケラドスダークマターが欠如した銀河天の川銀河の恒星ストリーム銀河系の極めて暗い矮小銀河M81の周辺構造99.99%がダークマターでできた銀河

 

質的天文文化論(学部就職コース)

 天文学だけでは解決できない課題に対して、文化人類学・アクションリサーチ・コミュニティデザインなどの他の学問分野を掛け合わせて課題解決を行う学際研究に取り組みます(ゼミのビジョンは設定中)。学年で1つのフィールドを選定したら、トータルで2ヶ月程度(3年の冬休み1週間、4年の夏休み1ヶ月、その前後数週間)その選定地域に住みます。ゼミメンバーとの共同生活をしながら、フィールドで地域の文化や人々に触れたり、都会では見られない感動的な星空を体験したり、自然と共生することによってデータを収集します。そして最終的に、メンバーの卒業論文を書籍としてまとめ、地域へ還元することを目指します。天文学だけでは解決できない課題というのは、非常に多義的で、学生自身が観察やインタビューなどを通じて、どんなリサーチクエスチョンに気付くかで多様なテーマが考えられます。例えば、音楽と宇宙の関連性について研究をしている学生もいれば、宇宙に関わる人々の人生ダイナミクスに着目した研究をしたり、行政に関わって天文台やプラネタリウムの有効利用を検討したりする学生もいます。将来的には、全国の宇宙文化マップを作ったり、Dragonfly望遠鏡のミニチュア版を製作し、地域住民に本格的な天文学を体験してもらえるようなイベント(もし天2計画)をしたりすることも検討しています。もちろん、多様な文化が共存する大都会「東京」をフィールドとして選ぶこともできます。2018年度は、福岡県八女市でフィールドワークを進めています。

 

※関連科目:宇宙科学計測、数理モデルと統計、データ発見と仮想天文台、フィールドワークとモデル構成

※注意事項:大学院で質的天文文化論研究に取り組む場合、1人で1つの地域を選定しフィールドワークを行うことになります(卒業研究ではグループで1つのフィールド)。

コンタクト

 ゼミ訪問、就職相談、各種質問など、高校生、大学生から卒業生までお気軽にお問い合わせくださいませ!

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

メールを送信しました.

住所:

〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2

法政大学小金井キャンパス 中央館1階 C1001

© 2019 Mikito TANAKA. All rights reserved.